[ Go Back ]
Skier's Room - Gelande infomation 2004A
 
 
 
ゲレンデ情報 2004A 2010   part1

[ Go Previus ]
2009 part 1
野沢温泉スキー場
2010. 1.18
栂池高原スキー場
2010. 2.15
丸沼高原スキー場
2010. 3. 7
[ Go Next ]
2010 part 2
 
2010. 1.18  野沢温泉スキー場
  
 
ゲレンデ
積雪(cm)
気温(℃)
雪質
やまびこゲレンデ 340 −8
上ノ平ゲレンデ
305
−7
日影ゲレンデ
230
−7
長坂ゲレンデ
220
−6
柄沢ゲレンデ
210
−9
※やまびこ・長坂・柄沢ゲレンデは滑っていないので不明
野沢温泉村 ケーブルTVより
 
’10年の初滑りは恒例の野沢温泉スキー場です。

ここ数日降り続いた雪で、積雪はたっぷり。上部ゲレンデ3m、下部の柄沢ゲレンデでも2mオーバー。この時期としては大雪の部類に入ると思われ、昨日はあまりの積雪でやまびこゲレンデが閉鎖されるほど。
お蔭でどのゲレンデも雪の状態はサラサラのふかふかで最高。本日は朝から快晴で風もなく、まさにスキー日和。
この日より数日晴天で、気温が上がったので、積雪量は3mを切ってしまっているが、雪の量はまだまだ充分で、良い滑りを楽しめそう。
 

上ノ平ゲレンデ '10. 1.18

上ノ平ゲレンデ

標高1400mの長坂ゴンドラ、やまびこ山頂駅付近より。

この先は2kmに渡る緩斜面が続く、初心者の練習には絶好のゲレンデ。
標高が高いこともあり、この辺りの雪はサラサラ・ふかふかで非常に気持ちいい滑り応え。
 

今シーズンより上ノ平ゲレンデの途中から、旧国設ゲレンデ(知っている人はいるだろうか?)方面への初心者用迂回路が設定された。

上ノ平ゲレンデは初級コースだが、最後に超初心者には多少厳しい斜面(と言っても最大斜度12°)があり、それを回避出来るように配慮されたのでしょうか?
ますます、「天国に一番近い緩斜面」にふさわしくなったようだ。

おまけにまだ知られていないためか、殆ど誰も通らず、とても静かなコースでした。
 
 

パラダイスゲレンデ '10. 1.18

パラダイスゲレンデ
太郎小屋前から上ノ平方面。 右手が毛無山(標高1650m)

午後近くなり雲が増えて来たが、まだまだ天候は良く、快適に滑られた。

この反対側には千曲川の河岸段丘、その向うに斑尾・黒姫、そして妙高の雄大な景色が広がるが、今回は敢えて逆方向を。

幅の広い中斜面が1km続くパラダイスゲレンデは、雪の良さと相まって、非常に快適でした。
 
 

定点観測?

灯篭木峠の鳥居 '10. 1.18
林間コース途中にある灯篭木峠(標高1000m)の鳥居。

昨年のと見比べると、格段に今年は大雪の様子。


 
 
 

スキー場の関連HP

 
野沢温泉スキー場公式HP
http://www.nozawaski.com/
野沢温泉スキークラブ・スキースクール公式サイト
http://www.nozawaski.com/school/pc/index.php
[ Go Head ]
 
2010. 2.15  栂池高原スキー場
  
 
ゲレンデ
積雪(cm)
気温(℃)
雪質
栂の森ゲレンデ 360 −6.5
ハンノ木コース
250
丸山ゲレンデ
160
白樺ゲレンデ
250
チャンピオンゲレンデ
180
親の原ゲレンデ
178
鐘の鳴る丘ゲレンデ
180
※白樺・チャンピオン・鐘の鳴る丘ゲレンデは滑っていないので不明
 
’10年の二箇所目は栂池高原スキー場です。

昨日、一昨日と良い天気であったが、昨晩より雪になり、一時期林道コースも閉鎖されるほどの降雪になった。

昨日までは少々硬い雪質であったので、まさに恵みの雪。特に上部ゲレンデではふわふわの新雪が楽しめた。
 

栂池高原−林道コース '10. 2.15
雪の林間(林道)コース

晴れていると眺めが良いのだが・・・・
 

ゴンドラリフト終点から始まるハンの木ゲレンデの途中から始まる、初級者用迂回路。

迂回路と言って侮るなかれ。

全長6km、標高差600mを雪の広場まで滑るかなりタフなコースです。

とは言え、このコースのお蔭で初級者もゴンドラで終点まで行くことが出来、北アルプスの雄大な景色を堪能することが出来る貴重なコース。

右に左にコース変化があり、景色も楽しめるので、栂池お薦めコースの一本。

但し、距離が長いので、日没間際や体力の残っていない時はやめておきましょう。
 
 




栂池高原-親の原ゲレンデ

親の原ゲレンデよりチャンピオンゲレンデを望む。

親の原ゲレンデは、全長1200m 最大傾斜10度/平均8度の殆どストレートなフラットバーン。

ペア/トリプルの二本のリフトとも高速タイプなので、繰り返し練習するのにうってつけ。まさに初心者御用達のようなゲレンデ。

また、ここのリフト(&ゴンドラは中間駅まで)はソリ可なので、1km以上ソリで滑ることが出来るという異色のゲレンデでもある。
 
 
 

スキー場の関連HP

 
白馬山麓/栂池高原スキー場の
公式サイト
 http://www.tsugaike.gr.jp/
白馬観光開発株式会社
栂池高原
 http://www.tokyu-hakuba.co.jp/winter/tsugaike/
 tug_top.htm
栂池観光開発株式会社 
栂池高原スキー場HP
 http://www.tsugaike-kogen.com/
 
 
[ Go Head ]
 
2010. 3. 7  丸沼高原スキー場
  
 
積雪(cm)
気温(℃)
雪質
250 −2
 
’10年の三箇所目は群馬の丸沼高原スキー場です。

3月4日は夜半まで土砂降り。5日は大快晴で4月の陽気。6日は雨とゲレンデには悪条件の日々が重なったが、本日は待望の雪でゲレンデコンディションは好転した。木々も雪の華をつけた。
だが、まだまだ新雪が欲しいところ。
 
とは言え、標高の高いスキー場だけあって、春の陽気でも雨の中でも雪がビチャビチャにならないのはさすが。
この後も雪の日が続いて、コンディションはかなり回復したとのこと。
まだ当分は楽しめそう。
 

丸沼高原−からくらコース010307
しらね/からくらコース ロープウエー山頂駅付近 標高2000mの地点より

丸沼高原スキー場の最高所。からくらコースからの眺め(晴天時)

晴れていれば(写真は2010. 3. 5 撮影)、右のような素晴らしい景色が広がっているのだが、本日はすっぽり雲の中。
視界も数十m。

しかし、さすがに2000mの標高故、雪質は良かった。
 





丸沼高原-レッドコース100307

レッドコース

丸沼高原スキー場の一番左に位置する初級コース。

林を縫って、全長713m 最大傾斜11°/平均8°のなだらかな斜面が続いている。
林で他のゲレンデから隔離され、また入口が判りにくいので、常に静かで空いている。
初級者の練習にはうってつけ。
 
 
 
今回、良い雪を求めて丸沼高原へと足を運んだのですが、予想より雪質が良くなくて少々残念。とは言え、悪コンディションが重なってもビチャビチャにならなかったのは流石、標高の高い丸沼ならでは。
まぁ楽しめた方かな。
 

 
スキー場の関連HP
 
丸沼高原スキー場HP
http://www.npd.co.jp/malnuma/
[ Go Head ]



[ Go Previus ]
2009 part 1
野沢温泉スキー場
2010. 1.18
栂池高原スキー場
2010. 2.15
丸沼高原スキー場
2010. 3. 7
[ Go Next ]
2010 part 2
 
[ Go Back ]   [ Go Head ]    [ Go Top  ]