[ 戻る ]
 
 

 ゲレンデ情報2003 その
 



[ のページ('03. 2. 8) ]

[ '03. 2.15 志賀高原スキー場 ]     [ '03. 2.21 六日町ミナミスキー場 ]

[ '03. 3. 2 八幡平スキー場 ]    おまけ [ '03. 3.21 野沢温泉スキー場 ]

[ のページ ('04. 1. 4) ]


2003年2月15日 志賀高原スキー場
 
積雪(cm)
気温(℃)
雪質
250 不詳
 
雲一つない快晴で気温も適当、まさにスキー日和な一日。
だが、数日まとまった降雪がなかったようで、踏み固められた雪の上に軽く雪が乗っている状態で、滑り感は今ひとつ。
土曜日で人出が多く、気温も高かったので、昼頃には焼額山のダウンヒルコース等はかなりゲレンデコンディションが落ちてしまった。
それでも標高の高い奥志賀の第3ゲレンデや寺子屋ゲレンデでは雪質の良い雪を楽しめた。
翌日は大雪になり、新雪の中を滑ることが出来た。
ダウンヒルコース '03.2.15
 

焼額山から奥志賀ゴンドラへと下る、全長2.2km最大斜度28°標高差500mのダウンヒルコース

距離があるので、一本滑った充実感はなかなか。
しかし、人が多く、昼には雪面が荒れて、タフなコースになってしまった。

途中の分岐を右に行くと最大斜度30°の熊落としに。。
 
 


パノラマコース '03.1.3

標高2066mの寺子屋スキー場最高所より、Eternalコース

さすがに2000m超のゲレンデ。周囲の木々は樹氷化している。雪質も良く、他のゲレンデに比べると人が少ない穴場ゲレンデ? 

ただし、別のゲレンデや旅館街に出るためには必ずリフトを使う必要があるので、リフトの終了時間には注意!
 

右の方のゲレンデが何本も見えるのが、焼額山(2009m)。
正面の斜面から尾根続きで、やや左寄りに見える建物のあるのが東館山(2030m)。
ここから東館山林間コースを使うと4kmのロングランが楽しめる。
 

志賀高原の魅力は何て言っても、国内屈指の広大なスノーエリアでしょう。
とにかく、とても1日では廻り切れない、広さとバリエーションの多さは凄いの一言!
初心者から上級者までどんなレベルの人でも楽しめることでしょう。

逆に広すぎてお目当てのゲレンデに行くのは一苦労。
移動計画は良く考えて決めましょう(^_^)
 
 
 

 スキー場のHP
インターネット志賀高原    http://www.avis.ne.jp/~finest/shiga/index.html
    → ゲレンデ情報       http://www.avis.ne.jp/~finest/shiga/white03/index.html
 
 

[ ページTOP へ ]


2003年2月21日 六日町ミナミスキー場
 
 
積雪(cm)
気温(℃)
雪質
160
気温は低くないものの、どんよりしたはっきりしない空模様。風がないのはマシだが・・
雪質は上部のゲレンデはまあまあだが、最下部は気温が高いのが災いしてちょっと重めの雪だった。

金曜日ということもあって、かなり人出は疎ら。
ただ、小学校のスキー教室(?)と大学生の団体が入っていて、センターロッジ付近が異常混み合ってしまった。
それでも第1クワッドや第6ペアリフトは殆どリフト待ち無し。
 

コンドルコース '03.2.21

六日町ミナミスキー場最上部より、コンドルコース、そしてその下部のブルーバードコースを望む。

コンドルコースは最大斜度26°の非圧雪斜面でこの日は雪が深く埋まりながら滑ってきた。

滑り出しの急斜面以外は滑り易い中斜面で、正面は魚野川越しに巻機山等を見ながら、快適に滑れました。
 

六日町ミナミスキー場は、標高748mの桝形山の東斜面に造られたスキー場で、中間部にある広い緩斜面は初級者の練習にピッタリ。
だが、そこから下りコースのカナリアコース1は「これで初級?」と言いたくなる斜面があるので、自信がない人はカナリアコース2へ迂回した方がいいでしょう。

また、上級者向けのゲレンデが少なく距離も短いので、上級者にはもの足りないかも?

それでも、六日町ICから5分というアクセスの良さと、混雑の無いゲレンデは思い立った時にパッと行くのに適したゲレンデと言えるでしょう。
 
 

スキー場のHP
SKInet の全国スキー場ガイド  http://www.skinet.jp/skiarea/minami/
割引クーポンやJR六日町駅からの無料シャトルバスの情報あり
 

[ ページTOP へ ]


2003年3月2日 八幡平スキー場
 
積雪(cm)
気温(℃) 雪質
350 −3
 
天気は良いが、強風吹きあれる大荒れの一日。
最上部のパノラマコースでは風速20mをマーク。
昨晩に降った雪が殆ど吹き飛んでしまった。

しかし、雪の量や質は文句なし

日曜日でもガラガラに近い状況で、たっぷり滑ることが出来た。

午後過ぎから風もおさまり、夕方から雪となり、3日の日は大雪になったので、3日はサラサラの新雪たっぷりであった。
 

パノラマコース '03.3.2

パノラマコースより岩手山を望む。

標高1451mの大黒森から、第3ペアリフト沿いに真っ直ぐ岩手山に向かって滑り降りるパノラマコース。

快適な中斜面で、晴れていると眺めも良く、最高!

日曜でも混雑知らずで、リフト待ちは0であった。
 
 
 

モロビコース '03.3.2

ワイルドなモロビコース

34度の壁の上から下を望む。
※前方は山ではありません!手前から奥への下りスロープです!!

パノラマコースの途中から別れ、第1リフト乗場までの2800m滑走する、殆ど人手の入っていないオフピステ。

八幡平スキー場の名物コースで、立ち木やブッシュがそこら中にある、初級者・中級者お断りのコース。
膝まで雪に埋まりながら、命懸けで滑り降りて来ました。もう少し、ブッシュをカットしてくれ〜〜〜(T_T)
 

八幡平の魅力は、サラサラのアスピリンスノーと、自然そのままのオフピステ、そして最長6ヶ月にも及ぶ長い滑走可能期間が挙げられます。
特に「全山、これゲレンデ」と言って良い、殆ど滑走禁止エリアの無い、自然に近いオフピステは他のゲレンデは味わえないワイルドさ。ただし、それは滑る側の自己責任となるので、くれぐれも無茶はしないように!(命に関ります!)

短所を挙げるとすると、リフトが遅いことと、リフトの接続が悪いこと。特に第2ペアから第3ペアリフトへの接続をなんとかして欲しいです。3mの上りはキツい!

それと初級者は山麓レストハウスより上には上がらない方が無難でしょう。
ゲレンデガイドには”初級者コース”の表示がされているものの、かなり難関でした。

それでも1450mからの雲上の眺めは圧巻です。一度はチャレンジしてみてください。
 
  

Tips! 
八幡平観光ホテルのスキー宿泊パックはかなりお得! (Tel: 0195-78-2211)
また、温泉館「ぐり〜んすぱ」の割引券がリフト券売場にあるので、CHECK! 
スキー場のHP
IWATE・SKI HP: http://www.iwate-ski.gr.jp/hachimantai/


[ ページTOP へ ]
 
 
 
 


2003年3月21日 野沢温泉スキー場
 
ゲレンデ 積雪(cm) 気温(℃) 雪質
やまびこゲレンデ 435
上ノ平ゲレンデ
365
日影ゲレンデ
190
○−
長坂ゲレンデ
190
○−
柄沢ゲレンデ
165
○−
野沢温泉村 ケーブルTVより
とうとう、やまびこゲレンデは4mの大台突破!
さすがに3月も後半の時期なので、雪質はベストとは言いがたいが、それでも思ったほど雪は悪くなかった。

三連休の初日でやまびこのリフトや上ノ平高速フォーが5〜10分、パラダイス高速フォーが数分の待ちがあったが、チャレンジや湯の峰などは待たずに乗れた。

 
前回の八幡平で、「本年のスキーは打ち止め!」と思っていたが、積雪が4mを越えたとの知らせに急遽野沢に行って来ました。

上ノ平 道路標識 '03.3.21
上ノ平ゲレンデ横に建つ、道路標識もご覧の通りの状態。

いつもだとストックを振り上げて、届くか届かないかぐらいの高さなのだが、頭を屈めて滑るありさま。

雪質はこの積雪量のお蔭で、予想よりは遥かに良かったが、上ノ平でもかなり固め。
下の日影や長坂では重めの雪質であった。

人出は多かったが、天気も良くて、本年度最後のスキーを満喫することが出来ました。
湯の峰からの連絡路ではカモシカも見られたし (^_^)v

来て良かった〜!


スキー場のHP

野沢温泉村 Official HP  http://www.vill.nozawaonsen.nagano.jp/


[ ページTOP へ ]


[ のページ('03. 2. 8) ]

[ '03. 2.15 志賀高原スキー場 ]     [ '03. 2.21 六日町ミナミスキー場 ]

[ '03. 3. 2 八幡平スキー場 ]    おまけ [ '03. 3.21 野沢温泉スキー場 ] 

[ のページ ('04. 1. 4) ]



[ 戻る ]     [ Top へ ]