[ 戻る ]
 
 

 ゲレンデ情報 2002 その
 



[ のページ('01. 3. 3) ]

[ '02. 2. 2 野沢温泉 ] [ '02. 2.11 三川温泉 ] [ '02. 3. 3 尾瀬戸倉' ] [ '02. 3. 4 丸沼高原 ]

[ のページ('03. 1. 3) ]


2002年2月2日 野沢温泉スキー場
 
ゲレンデ 積雪(cm) 気温(℃) 雪質
やまびこゲレンデ 315
上ノ平ゲレンデ
280
−3
日影ゲレンデ
180
○−
長坂ゲレンデ
170
−1
○−
柄沢ゲレンデ
155
−1
○−
野沢温泉村 ケーブルTVより
非常に天気の良く、風もなく穏やかな1日。
雪の量自体は充分あるが、ここ数日雪が降らなかったためか、雪は固め。
気温の上がった午後には最下部の柄沢はだいぶ緩くなっていた。
この日の夜から雪になったので、状態は回復されると思われる。
パラダイス '02.2.2
 

上部のゲレンデの中では一番幅のあるパラダイスゲレンデ
障害物の無い、幅広い一枚バーンのゲレンデです。
適度な斜度と標高1000m越えの雪質と眺めの良さで、初級者にとってはまさにパラダイス?
写真は午後3時過ぎの様子。
この時間は大半の人が下のゲレンデに移動してしまうので、土曜でもご覧の通り。
妙高などの山々を見ながら気持ちよく滑れました。
 
 
 

日影ゲレンデ 夕景

夕景の日影ゲレンデ 最上部より

土曜日のしかも夕方遅い時間帯なので、雪質はだいぶ落ちていた。
しかし、暮れ行く妙高を見ながら滑るのは気持ち良かった。

たまたまこの日だけかもしれないが、例年より人が減っている様に思える。
いつもだとこの時間は日影がかなり混雑するのだが・・・
 
 
 


2002年2月11日 三川温泉スキー場
 
積雪(cm)
気温(℃) 雪質
100
 
前夜から朝まで降り続いた雪で、コンディションは抜群。
本日は午前中は薄曇り。午後からはいい天気に。
それほど寒くもなく、ちょうど良い気温で快適に滑れた。
三川温泉スキー場 全景 '02.2.11
 

三川温泉スキー場 全景
最下部のチビッコ広場前より

大松平山の頂上近く、標高416mから標高差295m、最長滑走距離1000mの比較的こじんまりしたスキー場。
だが、新潟市内から車で約30分というアクセスの良さは魅力。
利用者も日帰りのファミリーが多く、午前中より午後の方が混んでいた。
でも3連休でもこの程度。

下部のフラワーゲレンデ・レイクサイドゲレンデは初級者でも安心して滑れる緩斜面のため、第3ペアリフトはかなり列が長くなった。
平均斜度10°ながら滑り出しが少々急なメインゲレンデのある第1ペアリフトはそれ程待たずに乗れた。
 
 

ダイナミックコース '02.2.11

最大傾斜38°平均傾斜35°というタフなダイナミックコースよりラビットコースを望む。

本日は新雪のためにそれほど手強く感じられず。
 

三川温泉スキー場は新潟市内から近いので、気軽に滑るには手頃なスキー場だといえる。初級者向けのコースが多く、また近くに温泉センター「YOU&湯ホテルみかわ」等アフタースキー後に立ち寄れる温泉もあるので、ファミリーにはぴったり。

しかし、ハードなコースはダイナミックコース一本で、全体的に滑走距離は500m程度であるので、ガンガン滑りたい人には物足りないかも?
それと車以外のアクセス手段が無いのも残念。
 
 


2002年3月3日 尾瀬戸倉スキー場
 
積雪(cm)
気温(℃) 雪質
260
 
とても良い天気で3月初めとは思えない陽気。
気温自体はそれ程上がらず、雪がぐちゃぐちゃにまでは至らなかったが、ここ数日新雪も無かったようで、雪面が非常に固い。
日陰のダイナミックコースは全面アイスバーン。
荒山コースはそれに加えてコブが全体を被っていた。
その他のコースもエッヂを立てるとガリガリ音を立てるような状態で滑っていて楽しくなかった。
眺めが良いだけに余計に残念。
尾瀬戸倉スキー場 ホテル前 '02.3.3

尾瀬戸倉スキー場 全景

尾瀬高原ホテル前からのパノラマ撮影。
正面が2連になったハーフパイプ。そのやや左奥にダイナミックコースと荒山コースが見える。
その左がAコースだが、本日は閉鎖。一番左が かもしかコースの終端。

ここからは見えないが、Aコースの裏の方にダイヤモンドゲレンデやロマンスコースが広がっている。
 
 

尾瀬戸倉 パノラマコース '02.3.3

上部の尾根道パノラマコース

第3高速リフトで上がると最上部標高1420mの地点に着く。
そこから尾根道のパノラマコースとすり鉢状のダイアモンドゲレンデに別れる。
パノラマコースはご覧のように武尊山を遠望しながら滑る気持ちの良いコース・・・の筈だが、カチカチの固い雪面で楽しさ半減。

ゲレンデ構成は中級者向けが7割、上級2割、初級1割と中級者が楽しめる構成になっている。
反面、初級者が安心して滑ることの出来る広めのゲレンデが、レッスンゲレンデ1本しかないのは初級者にはつらいところ。

ちょっと辛口のレポートになってしまいましたが、雪質の良いトップシーズンであればかなり楽しめたハズ。残念。
 
 

オフィシャルHP: http://www.ozetokura.or.jp/

2002年3月4日 丸沼高原スキー場
 
積雪(cm)
気温(℃) 雪質
250
ゴンドラ乗場の掲示より
午前中は好天気。午後は1時頃より曇りだし、3時頃には雪も舞い始めた。
雪質はベストとは言いがたいく、固めではあるが滑り易い。
平日(月曜日)のため、リフトは待ち時間0。ゴンドラも10〜15人位の待ち人数で存分に滑ることが出来た。
丸沼高原 '02.3. 4
 

ドライブイン丸沼前より

丸沼高原スキー場は広い緩斜面の下部のゲレンデと上部の林間コースに大別することが出来る。

この写真は下部のイエロー(中央)とオレンジ(左)コース。

全体としては一枚バーンであるが、コース間を区切るように木々が残されているので、滑っていて変化を楽しめた。

後ろの方に見えるのがゴールド(左)とローズ(斜めのコース)の終端部。
それらの上が上部林間コース。

しらねコース '02. 3. 4

標高2000m ゴンドラ山頂駅付近よりしらねコース

山頂駅を降りると背後に白根山山頂(2578m)が手が届きそう。
コース上方の彼方には真っ白な尾瀬 至仏山等が望め、素晴らしい景色。

真っ直ぐ降りると中級のしらねコース、看板の矢印に従って左へ行くと初級のからくらコース

初級者でもこの景色を眺めながら、4kmのダウンヒルを楽しめるのは特筆もの。

コース自体もある程度の幅のある変化に富んだ林間コースなので、滑っていて楽しかった。
 

ローズコース '02. 3. 4

ローズコースよりバイオレット・グリーンコースを望む。

一番奥、山の麓に白く横たわるのは氷結した丸沼。

しらね・からくらコースを降りて来るとローズを経て、下部のゲレンデに至る。

真っ直ぐ突っ切ってしまうと33°の壁へと突っ込んでしまうので、初・中級の人は右の迂回路へ行きましょう。
 

標高が高いだけあって、下界とは一線を画す雪質の良さ。
それに加えて、景観と変化に富んだコースでとても楽しめました。
かなり気に入りましたので、お気に入りに追加!
 

オフィシャルHP: http://www.marunuma.com/
 
Tips!
丸沼高原スキー場のHP(http://www.marunuma.com/)には得々チケット情報あり! また月曜日の女性割引等の特典情報も。
要チェック!

シャレー丸沼 内湯センターハウスには温泉浴場「座禅温泉」があり500円で、入浴可。

またゲレンデ内に建っているシャレー丸沼のお風呂も700円で入浴することが出来る。

こちらは露天付きだが、宿泊者優先のため断られることもあり。
要確認。


[ のページ('01. 3. 3) ]

[ '02. 2. 2 野沢温泉 ] [ '02. 2.11 三川温泉 ] [ '02. 3. 3 尾瀬戸倉' ] [ '02. 3. 4 丸沼高原 ]

[ のページ('03. 1. 3) ]



[ 戻る ]     [ Top へ ]