戻る

<今月の温泉>

 
3月以前]    [4月]    [GW(番外)]    [6月]    [7月以降
 
 



群馬県 川原湯温泉 '99. 4.10 入湯

 
温泉データ 付近のみどころ


GW 四国温泉漫遊記
 
今月の温泉はちょっと趣向を変え番外編として、
Golden Week スペシャル  「四国温泉漫遊記
 でお送りします。
道後ボタン
Click here!




栃木県 大丸温泉 '99. 6. 5 入湯

6月の温泉は栃木県那須高原にあるの大丸温泉です。
 

大丸温泉というと「川の露天風呂」の大丸温泉旅館が有名ですが、泊ったのは「那須国民休暇村」のコテージです。

本館の方が満室でそちらに泊ることになったのですが、一泊2食付きで¥6820(税込み)という格安値段で、全く期待せず(^^;)に出掛けて行ったのですが・・・・

行ってみてびっくり!休暇村コテージ

ブナや白樺に囲まれた本格的なコテージです。

2DKのバス・トイレ付きで、おまけに冷蔵庫・電子レンジまであります。
一人なんだから、1DKの方でも良かったのに。(値段は一緒)
広すぎて落ち着かない。(^^;)

静かな環境で聞こえるのは鳥の声とセミの鳴声くらい。ベランダで読書と、優雅な時間を過ごせました。
 

茶臼岳と休暇村
さて、残念なことにコテージは温泉ではありません。
温泉は休暇村の本館の方に入りに行かなければなりません。

休暇村本館とコテージのあるキャンプ場は、直線距離ではそれ程離れていないのですが、間には深い谷が横たわっています。
車では大丸温泉口まで大回りして3〜4分、徒歩では遊歩道と吊橋を渡って約15分位掛かります。

写真はコテージ側の遊歩道入口から茶臼岳方面を写したもの。左端の白い建物が那須休暇村本館。

遊歩道は良く整備されているので歩き易く、快適です。
途中には苦戸川を越えるために弁天吊橋が掛かっています。
弁天吊橋

茶臼岳をバックにして、緑に埋まる深い谷に掛かる吊橋、いいですね!
この吊橋が最近出来たお蔭で、本館とコテージが最短距離で結ばれるようになりました。
あ〜、良かった!

ここまで来ると本館は目の前。

橋を渡り切った所を右に行くと一軒宿の弁天温泉があります。(中央に見えている赤い屋根が弁天温泉旅館)
ここのお風呂も良さそうなのですが、時間外のため入れませんでした。(T-T)
 

さて、やっと辿り着いた那須休暇村本館は中々立派な建物です。
高台に立っているので眺めは抜群に良さそうです。(泊りたかった(;_;))

フロントにコテージの鍵を預けて浴室へ!
一旦2階に上がってからまた降りて、玄関より下のフロアに浴室はあります。
長い、長〜〜い通路のため、所々に休憩用のベンチが設けてあったりします。なんでも現在エレベーター設置工事中で、それが出来ればもう少し楽に行けるかな?

那須休暇村 本館男湯
浴室は南向きに造られていて、一面窓なのでとても明るい浴室です。
窓からは関東平野を一望・・・出来る筈なのですが、下界は靄が掛かっていて良く見えませんでした。

温泉の浴槽の他に、ジェット風呂、寝湯、打たせ、ボディーシャワーと種類の違ったお風呂があり、楽しんで入ることが出来ました。

温泉は大丸温泉からの引湯でしょうか? 相の湯と書かれています。
湯は薄〜〜い褐色ですが、無味無臭でした。温度は適温、眺めと相まって気持ち良いお風呂でした。
 

帰り道も高原の爽やかな風が、風呂上がりにちょうど良くて気持ちよかった!
 

コテージからは、お風呂が遠いのが難点ですが、グループでわいわいやるのには最適では?
純粋にお風呂を楽しむには本館に泊まるのがベストでしょう。

これから初秋に掛けての高原の爽やかな空の下、のんびりした休日はいかがですか?
 
 

温泉データ 付近のみどころ
3月以前]    [4月]    [GW(番外)]     [6月]    [7月以降
 
  戻る           Top へ