戻る

那須 北温泉
'99. 6. 5 入湯

 
北温泉 全景 北温泉の全景

ボルケーノハイウェイの北温泉分岐より約1km北に進むと余笹川にぶつかる地点に駐車場がある。
車はここまで。これよりは徒歩でしか行けない。
急な下坂を5分程下ると、突然真っ赤に染まった堰堤が見えてくる。
その下に佇む様に巨大な一軒宿の温泉、北温泉旅館の黒い建物がある。

本当はこの手前の旭温泉に入るつもりだったが、廃業のためかなわず(T-T)

北温泉と大きな露天風呂
大きな露天風呂

「プール」と呼ばれているが、温度はもろ「お風呂」
客室からも道からも丸見えのため、入るのには勇気がいる。(もちろん入った)

夜、星を仰ぎながらの入浴は最高!

中央手前の建物は脱衣所兼内風呂(男女別)

天狗の湯
天狗の湯

北温泉のメインのお風呂天狗の湯。
巨大な天狗の面が2つ壁に掛かっているのが印象的。
屋根は掛かっているものの殆ど露天に近い。
余笹川対岸の緑を眺めながら入浴。天井にはランプがぶら下がる、古いお風呂。(混浴)

打たせ湯
打たせ湯寝湯

天狗の湯のすぐ上が打たせ湯、その上が家族風呂? 手前の部分が浅くて寝湯になっている。

打たせは熱くて退散〜。

北温泉 源泉
北温泉 源泉

源泉の湧出口は裏山の斜面にあり、そこから流れた湯は直接、天狗の湯や打たせに樋で導かれている。

まさに「湧き出たて」の温泉

建物中央が「打たせ湯」、右が「家族風呂」で、左の一段下がった所が「天狗の湯」

芽の湯 女性専用 芽の湯

北温泉で一番高台にある芽の湯。

建直したらしく、木の香の漂う展望風呂に生まれ変わっていた。

左が浴槽で右が上がり湯用の槽。

川原の湯
川原の湯(男)

いつの間にか男女別の露天風呂が新設されていた。
帳場から地下道を通って行くと、余笹川の川岸にどっしりとした木造の湯屋が建てられている。
地下道を抜けると突き当たりがお休処で、その左が男湯、右が女湯になる。

男湯は上流の砂防ダム、女湯は下流の深い緑の渓流を眺めながら浸かれる。

十数年振りに訪れた北温泉は、昔の雰囲気をそのまま残していて安心しました。
玄関に「入浴券 券売機」が入っていたりとか、芽の湯の建替え、川原の湯や卓球棟の新設等、確かに変化はありました。

でも、暗く入り組んだ館内やお風呂場の雰囲気は昔そのままでした。

首都圏から手軽に行ける秘湯として、いつまでもこの雰囲気を残して欲しいものです。
 

温泉データ
単純温泉(緩和性高温泉)     55.9℃  pH6.3  220l/m



 戻る           Top へ