[ Go Back ]
 温泉マーク
温泉Report 2004   part1
 
 
[ Go Previus ]
2003.12
磐梯はやま温泉
2004. 1. 3
菅平高原温泉
2004. 2.14
城ヶ倉温泉
2004. 3.20

2004. 4〜6

福島県 磐梯はやま温泉  2004. 1. 3 入湯
’04年最初の温泉レポートは、会津磐梯山の麓に湧く磐梯はやま温泉(葉山温泉)です。
 
はやま温泉−温泉スタンド1

はやま温泉は平成6年に開湯した新しい温泉で、磐梯山中腹地下1200mから72℃の ナトリウム塩化物泉が湧いています。

はやま温泉−温泉スタンド2
 

小鳥の見つけた名湯と呼ばれているそうですが、由来は不詳。
 
 

猪苗代スキー場へ向かう道路脇に温泉スタンドが有りますが、源泉はここなのでしょうか?
 

 
葉山ゲレンデ

今晩の宿は猪苗代スキー場横の猪苗代観光ホテルです。

葉山ゲレンデの目の前で、まさに一歩外はゲレンデですね。

(写真はホテルのロッカールーム出口から)
 

 
お風呂は本館には展望風呂、はやま館に大浴場があります。

猪苗代観光ホテル−展望風呂(男)

展望風呂は広くはないものの、その名の通り、眺めのいいお風呂で、葉山ゲレンデを眺めながらお湯に浸かれます。

燦々と朝日が差し込む中での入浴はとても気持ち良かったです。
(写真は夜なので窓からはナイター営業のスキー場)
 
 
猪苗代観光ホテル−展望風呂(女)
 

女湯の方がちょっと広く、かつ眺めがいいみたいでした。
 
 
猪苗代観光ホテル−大浴場(男)
はやま館の大浴場は、展望風呂の倍くらいの広さで浴室中央に大理石の湯船が造られています。

窓が無いので大きさの割に狭く感じます。
開放感・・という点では展望風呂の方が上かな?

お湯は含重曹?食塩泉で少し緑褐色の湯で、すべすべします。
美肌効果もあり、いわゆる美人の湯だそうです。

柔らかい、いいお湯でした。
 

 
猪苗代観光ホテル−夕食

夕食はレストランでした。

内容的には不満は無いですが、何かしら「猪苗代に来た」という名物料理があれば、もっと良かったですね。
 

 
磐梯はやま温泉は新しい温泉なので、温泉地らしくはありませんが、温泉の質はなかなか良かったです。
磐梯山を仰ぎ、猪苗代湖を望む景観も素晴らしい高原の湯でした。

特にゲレンデ真ん前なので、スキー・スノボには最適!
 
 

温泉データ
     
    葉山温泉 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉     59.0℃ 


宿情報

 
猪苗代観光ホテル 〒969-3100 福島県耶麻郡猪苗代町字葉山7105
Tel:0242-62-4132
  交通: JR磐越西線 猪苗代駅よりタクシー15分、
または会津バス 猪苗代スキー場行き終点下車(冬期のみ)
  日帰入浴 不詳
  ホームページ: http://www.naf.co.jp/inakan/welcome.stm


観光案内・関連HP

 
猪苗代町観光情報 http://www.town.inawashiro.fukushima.jp/kankou/index.htm
猪苗代・磐梯
 特選情報チャンネル
http://www.bandaisan.or.jp/
猪苗代・磐梯高原エリア!
裏磐梯、磐梯山、猪苗代湖の地元記者の観光情報!
http://www.tif.ne.jp/jpn/ati/index_a-1.pst
ばんだいさん・ドット・ネット
福島県磐梯高原の地域情報・観光情報
http://www.bandaisan.net/
磐梯猪苗代はやま温泉組合 http://www.hayamaonsen.net/
[ Go Head ]

長野県 菅平高原温泉  2004. 2.14 入湯
’04年第二湯は、信州の菅平高原温泉です。
菅平高原温泉ホテル 玄関

その名の通り、菅平高原のどまん中に、2000年湧出した比較的新しい温泉です。

四阿山・根子岳から広がる菅平高原の西エリア、菅平湿原近くに菅平高原温泉の一軒宿の菅平高原温泉ホテル(宿泊当時は「菅平高原温泉ホテル 桑田館という名でした)が赤松に囲まれるように建っています。

道路に面して建っていますが、周囲は建物も疎らで静かな環境です。
 

 
お風呂は1Fにある、「菅乃湯」です。
湿原に咲く“菅”の草むらから湧き出たことから名付けたそうです。
菅平高原温泉ホテル 内湯

中には岩造りの内湯とそのすぐ外にやはり岩造りの露天風呂が有ります。

大きな窓に沿った岩風呂風の湯船には透明なサラっとした感じの湯が溢れています。

さすがに冬の間は加温しているそうですが、それ以外の期間は100%掛け流しのお風呂です。

う〜ん、気持ちいい〜〜
 



窓の外は真っ白な雪見の露天風呂です。

裏山の斜面に積み上げた大岩の上に雪が積もり、いい風情です。
気温が低いので、内湯より温度は低めでしたが、良く暖まるお風呂です。

菅平高原温泉ホテル 露天菅平高原温泉ホテル 露天から

見上げると雪化粧した木々の向こうに真っ青な空が見え、清々しい気分でお湯に浸かれました。
 
 
菅平高原温泉ホテル 夕食
夕食はレストランで戴きます。

内容はごく普通でした。

スキー・スノボの客が多いためか、食事は若者向け?
 



菅平高原温泉は菅平では数少ない温泉ですが、いい温泉でした。宿もいい宿でしたし、また泊りたいな。雪の季節もいいけど、今度は爽やかな夏の高原を感じに。。。
 

温泉データ
     
    菅平高原温泉 菅乃湯 アルカリ単純温泉     42.7℃ 


宿情報

 
菅平高原温泉ホテル 〒386-2204長野県上田市菅平高原
Tel:0268-74-2515
  交通: JR上田駅(お城口)より上田バス 西菅平行き終点下車すぐ
(冬期は菅平高原ダボス行きバス、農協前下車徒歩15分 ※送迎あり 要確認)
  日帰入浴 550円 (営業日/時間は要確認)
  ホームページ: http://www.kogen-onsen.com/index.htm


観光案内・関連HP

 
菅平高原オフィシャルサイト http://sugadaira.com/index.html
上田地域広域連合 - 上田地域の観光情報 http://www.area.ueda.nagano.jp/kankou/index.html
菅平高原周辺観光ガイド http://www.dia.janis.or.jp/~pension/guide/guide.htm
[ Go Head ]

青森県 城ヶ倉温泉  2004.  3.20 入湯
’04年第三湯は、八甲田の城ヶ倉温泉です。

城ヶ倉ホテル 全景
 

城ヶ倉温泉は標高1585mの八甲田大岳を中心として連なる八甲田連峰の中腹、標高810mに白樺やぶなの原生林に囲まれて建つ一軒宿の温泉です。

行った時季はまだ雪深い季節だったので、周囲は雪の壁に囲まれていました。
 


城ヶ倉ホテル 部屋
建物は木をふんだんに使ったログハウス風の造りで、落ち着いた雰囲気です。
案内された部屋は2階のツインのお部屋で、やはりコテージ風。
白い漆喰の壁と、小さなサイドテーブルがいい感じです。

暖炉付きのお部屋や、天窓付きのメゾネットタイプの部屋もあるそうなので、グループや家族で泊る時はそちらを選ぶのもいいかもしれませんね。
 
 
城ヶ倉ホテル 部屋から
玄関側の部屋でしたので、八甲田の山々は建物の陰になって端の方しか見えませんでしたが、日本海方面に沈む夕陽を見ることが出来ました。

正面、夕もやに霞んでいるのは岩木山?
 

 
お風呂は大きな窓が二面にある明るい内湯と露天風呂がそのすぐ外にあります。

城ヶ倉ホテル 内湯

湯船はタイル張りの長方形の結構広い湯船で、正面の大きな窓に沿うように造られています。一度に20〜30人は入れそうです。

熱目で透明な湯が、手前側に造られた湯口からざばざば注がれています。

お湯自体は特に特徴はありませんが、窓からは雪景色の原生林が見え、清々しい気分で暖まることが出来ました。

お風呂場にはミストサウナもあり、乾式サウナに比べ暑くないので、ゆっくりと汗を流すことが出来ました。
 
 
内湯のすぐ外は岩風呂風の露天風呂です。
城ヶ倉ホテル 露天風呂
お湯は内湯から流れるようになっており、外の気温が低いので、内湯よりはぬる目なので長く入っていられました。

すぐ横には小川が流れて・・・いるはずですが、雪に埋もれて全然見えませんでした。
水音はするので、雪の下を流れているのでしょうか・・・

周囲は手つかずのぶなや白樺の原生林。とても静かです。
俗世のことを忘れて、のんびり出来ました。
 

 
食事は1階のレストランで戴きます。

城ヶ倉ホテル 夕食

なかなか感じの良いレストランで、雪の原生林を眺めながら食事を摂ることが出来ました。

夜は和食主体のお料理、朝は洋食です。

手の込んだ料理で、さり気なく梅の花の小枝が添えられていたりして、見た目もかわいらしいお料理でした。(写真は2泊目の夕食)

やはり山のものがメインですが、魚も新鮮で美味しかった〜
 
 
城ヶ倉ホテル 朝食

雪山の一軒宿の献立とは思えなかったですね。

特に朝食の時は、真っ白な雪の林の眺めが綺麗で、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ました。

 
城ヶ倉温泉の一軒宿、城ヶ倉ホテルは八甲田の山懐に抱かれているかのような静かな宿でした。
それでいて、サービスのセンスが良く、気持ち良く泊れました。

今回はスキーが目的だったので、あまり周囲の観光は出来ませんでしたが、近くには断崖絶壁と紅葉の美しい城ヶ倉渓谷やそこに掛るアーチ支間長(橋を支える足と足の長さ)日本一の城ヶ倉大橋があるので、紅葉の頃にまた訪問したいな。
 

温泉データ
     
    城ヶ倉温泉 単純温泉     59℃ 


宿情報

 
城ヶ倉ホテル 〒030-0111 青森県青森市大字荒川八甲田山中 TEL017-738-0658
  交通: JR青森駅より十和田湖行きまたは酸ヶ湯温泉行きJRバス、城ヶ倉温泉前下車すぐ。
  日帰入浴 500円(10:00〜16:00)
  ホームページ: http://www.jogakura.com/index.html


観光案内・関連HP

 
青森市HP/観光情報 http://www.city.aomori.aomori.jp/idxkanko.html
あおもり案内名人 http://www.atca.info/index.html
菅平高原周辺観光ガイド http://www.acci.or.jp/adaa/top/top.html
青森県文化観光情報サイト/
アプティネット
http://apti.net.pref.aomori.jp/
[ Go Head ]


[ Go Previus ]
2003.12
磐梯はやま温泉
2004. 1. 3
菅平高原温泉
2004. 2.14
城ヶ倉温泉
2004. 3.20

2004. 4〜6
[ Go Back ]   [ Go Head ]    [ Go Top  ]