戻る

<今月の温泉> 2000.4〜6

 
 
 

3月以前 ]    [ 4月 ]    [ GW(番外) ]    [ 6月]    [ 7月以降

 


静岡県 猪乃湯 2000. 4. 9 入湯


 
4月の温泉は、桜満開の西伊豆・松崎町に行って来ました。

那賀川の桜今年は桜の開花が例年より1週間遅れたそうで、まさに満開の中の旅行となりました。

那賀川の土手沿いはもちろんのこと、石廊崎方面に向かって延びる、海沿いの富士見彫刻ラインも満開の桜のトンネルが出迎えてくれているようでした。岩地海岸の桜
 
 
 
 

特に富士見彫刻ラインは碧い海をバックに薄桃色の桜という、他では余り見られない取り合わせを楽しむことが出来ました。

天気もまさに小春日和。
気持ちの良い陽射しの中ゆっくりと散策することが出来ました。
 
 
 

今晩の宿は、松崎よりバスに乗り30分ほど、仁科川沿いに山間に分け入った、一軒宿の温泉「猪乃湯 しゃくなげ荘」です。

しゃくなげ荘今までの海沿いのひらけた雰囲気から、一転、深山幽谷の雰囲気の中、その名の通り石楠花の木々に囲まれて、ひっそりとしゃくなげ荘はあります。

しゃくなげ荘は部屋数7室余りのこじんまりした宿で、全室仁科川を見下ろす様に作られています。

部屋からは対岸の山桜が見えました。
居ながらにして花見が出来るとは! 良い時季に来たなぁ。
 

お風呂は仁科川沿いにあります。
内湯と露天風呂がありますが、本日の泊まり客は私一人だけ!でしたので、露天風呂だけが入れるようになっていました。
しゃくなげ荘 露天風呂

仁科川のすぐほとりの、岩を組んだこじんまりした露天風呂です。
庭木に埋まるように湯船が造られています。

池垣で仕切られているので、湯に浸かると川は見えませんが、ここでも対岸の桜を見ながらの花見風呂を楽しむことが出来ました。

透明な湯に浸かって、見上げると目に入るのは深い山の緑だけ。
そして聞こえるのは、川のせせらぎ、鳥の声と風の音のみ。とても静かです。
まさに深山幽谷の湯。
 
 
 

さて、夕食・・・と行きたいところですが、残念ながら、しゃくなげ荘では事情があって当分夕食の用意はできないそうですので、朝食のみとなります。

無理を言ってお願いしたら、「簡単なもので良ければ・・」ということで、夕食にありつけることが出来ました。
「簡単なもの」といっても、ヤマメの塩焼きを含め5品ほどのおかずが並び、どれも美味しく、大満足でした。
これで簡単なのですから、正式の夕食だと!? そう思うとちょっと残念。

 

しゃくなげ荘より300m程上流に別の温泉宿、「禰宜(袮宜(ねぎ))の畑温泉 町営やまびこ荘」があります。

ちょっと変った宿なので、ご紹介します。
やまびこ荘 外観
町営の宿ですが、建物は廃校になった小学校をそのまま使っています。

外観だけではなく、内部も小学校そのもの。

やまびこ荘 内部
教室を半分に仕切って客室にしています。
ベットルームや畳敷きの和室もあります。

何人かのグループで来たら、移動教室や修学旅行の様でいいかも?

お風呂は立派な檜風呂でした。

つるつるするぬるめの湯が檜風呂に溢れています。
右の小さい浴槽には加熱された普通のお湯が入れられていました。
温泉の温度が低いので、こうなっているのでしょう。

でも、長く入っていられるので、効果はありそう。

 

海辺に戻り、帰る前に堂ヶ島の沢田公園の露天風呂にも入って来ました。

仁科車庫バス停で堂ヶ島行きに乗換え、乗浜又は沢田でバスを降り、民宿と漁師家の間を抜けて行くと両側を山で囲まれた沢田公園に辿り着きます。

左の山には仁科燈台が建っています。

沢田露天風呂

駐車場横の管理事務所で¥500の入浴料を払い、右の山の中腹にある露天風呂に入りました。

小さな脱衣所を出ると岩組の小さな浴槽、そしてそのすぐ外は大海原が広がっています。

高台のしかも突き出た崖の上にあるので、眺めは最高です。

この時、他には誰もお客が居なかったので、この素晴らしい景色を独り占めしながら、ゆっくりお湯に浸かることが出来ました。

天気はいまいちでしたが、心の中まで広々として来そうな、そんなお風呂ですね。

特に夕陽が沈む様は素晴らしいらしいので、今度はそれを狙って入りに来ようと思いました。
 
 

 
温泉データ


宿情報

猪乃湯 しゃくなげ荘 〒969-2701 静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里 Tel: 0558-58-7022
交通:     伊東線下田駅より松崎行きバス終点乗換え
           宮ヶ原行きバス出合下車 徒歩3分
           ※宮ヶ原行きバスは本数が少ないので要確認のこと

日帰入浴:  不可

          やまびこ荘:   ¥400
          沢田露天風呂: ¥500


付近のみどころ

松崎には「鏝絵」で著名な長八美術館、長八記念館や13時の文字の刻まれた時計塔、なまこ壁通りなどがある。
堂ヶ島では、天窓洞等の海上遊覧や洋蘭センターなどの観光スポットがある。
長八美術館時計塔仁科燈台より堂ヶ島

別府八湯 巡り
 

今回の今月の温泉はちょっと趣向を変え番外編として、別府八湯αとして、ご紹介します!
別府八湯 竹瓦温泉看板

Click here!



新潟県 瀬波温泉 2000. 6. 4 入湯
 

6月は日本海に沈む夕陽で有名な新潟県北部にある、瀬波温泉に行って来ました。

瀬波温泉は、明治37年の石油採掘の際に噴出した温泉で、村上市の西の海岸線に沿って、ホテル・旅館が建ち並んでいます。「露天風呂に浸かりながら日本海に沈む夕陽を!」のキャッチコピーに惹かれて、やってきました。

案内写真や観光ガイドを見ると露天風呂のすぐ外は海の様な印象を受けますが、各旅館・ホテルともお風呂は堤防より上にあり、波打ち際にお風呂があるわけではありません。ちょっと残念。
でも、お風呂からは遮るものなく日本海が望めるので、写真自体にウソはないと思います。
しかし、絶妙のアングルかも?
 

まずは源泉を見学に行きました。
瀬波温泉 源泉
遠くからも良く見える、真っ白な湯気の上がっている源泉が、高台に建つ三嶋屋旅館さんの玄関前にありました。

源泉自体は囲われているので、実際にお湯が吹き出ている様子は見ることは出来ません。
それでもゴウゴウと音を立てて吹き出ている蒸気やその周囲の熱気で、温泉の量や温度が想像出来ます。
泉質の関係で余り匂いはしませんが、それでも凄い迫力でした。
 

ハートピア新潟瀬波 外観

この日、泊まったのは、「厚生年金ハートピア新潟瀬波」という厚生年金の施設です。
近年リニューアル・オープンしたそうで、立派な建物になっていました。

海岸の真ん前に建っているので、部屋から見えるのは全て日本海!
これなら部屋から落日が眺められそう!

う〜〜ん、海からの風が気持ちいい!!
 

一休みした後、早速お風呂に入りに行きました。
昼間は日帰り入浴も受け付けているので、浴室への入口には受付があります。当然のことですが、宿泊者は部屋の鍵を見せることでフリーパスで入ることが出来ます。

ハートピア 浴室
浴室も公共の宿とは思えないほどの立派なお風呂です。

露天風呂は無いものの、壁一面の大きな窓からは日本海を一望することが出来ます。
午後の陽射しが燦々と降り注いで、露天風呂の様な気分でした。

普通の浴槽以外にも打たせや泡風呂、寝湯やサウナもあり、ちょっとしたクア・ハウスですね。

お湯は若干色味の付いた透明で少し塩味がしました。源泉の温度を反映してか、浴槽の温度も高めでした。
私的にはもう少しぬるいお湯で、ぼーっと海を眺めていたいなぁ
 

日本海の日没
さて、いよいよ日没の時間になりました。

丁度、部屋の正面の海に沈んで行ったので、特等席で見ることが出来ました。

残念なことに水平線近くに少し雲があったので、完璧!とはいきませんでしたが、日本海に沈む夕陽を見られて、わざわざ見に来た甲斐があったというものです。
 

食事は食堂で戴きます。
ハートピア 夕食
内容はちょっと「これ!」というものが無くて、ちょっと寂しいかな〜
料金が安いので、値段相応ですが・・・
別注文で「シェフのお任せ3品」とか「刺し身の盛り合わせ」とか頼んだ方が良いですね。
因みに写真の左のお盆に載っている分が、「シェフのお任せ3品」です。
この日の3品は、鴨のソテーに茹カニ、煮こごりでした。美味しかった!

また、食堂の係の方の対応がとても良く、気持ち良く食事が出来たこともポイント高いです!
 

別注文で料理を追加しても、それでも全体としてはリーズナブルな値段です。
「露天風呂」とか「部屋食」にこだわらなければ、お薦め出来る宿だと思います。

 
温泉データ


宿情報

厚生年金ハートピア新潟瀬波 〒958-0037 新潟県村上市瀬波温泉 1-20-30
                         Tel: 0254-53-2531
交通:     JR羽越本線村上駅より瀬波温泉方面行きバス瀬波海岸前下車
           徒歩15分
           
日帰入浴:  可
付近のみどころ
村上には三面川の鮭の全てが判るイヨボヤ会館や村上大祭の屋台山車(オシャギリ)を展示するおしゃぎり会館、並んで若林家住宅等がある。
村上から瀬波に向かう途中には、漆塗りの工程が見学出来る堆朱工芸館もある。

3月以前 ]    [ 4月 ]    [ GW(番外) ]    [ 6月]    [ 7月以降
 
  戻る           Top へ